6月月例会報告

日時 平成1410日(火) 18:30〜20:30
場所 目黒区民センター勤福会館4F 第一洋室(2F奥エレベーターにて)
担当幹事 伊庭様

年間テーマ:「会員企業の経営力向上」


 中川クリーニングさんに来られるお客様は、他のお店にない何を求めていらっしゃるのでしょうか。
中川さんのお話を基に、参加者で意見を出し合い、4つのポイントにまとめてみました。



 上表のように、顧客は「確かな技術力」に裏打ちされた、「高品質の仕上げ」、大きな「安心感」と「価格」「明るい応対・しっかりした管理」を求めているのでは、という意見にまとまりました。
 永年に亘ってつちかわれたしみ抜きの技術に裏打ちされた、いろいろな素材に対する知識、洗濯技術がしっかりとあり、高級品からワイシャツまでよそよりも卓越した品質を顧客に提供しています。
 さらに、技術力は単に洗濯(衣類をきれいにする)ばかりでなく、機械・ソフトの面にも及んでおり、高品質と省力化、品質のばらつきを少なくするための自前の機械の開発や、店舗を立体的に使った預かり品の収納・検索システムの開発など、クリーニング業の新しいモデルともいうべきものを作られております。
 さらに一番枚数の多いワイシャツにおいても、仕上げの質だけでなく価格でも他店(大手)を凌駕しており、引き取りにこられた顧客に対しては、明るい応対・お待たせしないサービスをおこなっておられます。
 さらに、インターネットを活用した自社の得意技術の発信による、新しい顧客の獲得の取り組みなど、創業者の技と後継者の新しい時代にあわせた活動がうまくリンクして、好業績を確保しておられます。
 このように、Q(品質)C(コスト)D(納期・スピード)T(技術)が非常にバランスのとれた会社です。
 今後、クリーニング業界は、家族経営のところが次第に減少し(厳しい作業環境、有機溶剤の使用など)、大手の取次店に変わっていく傾向とのことです。
 これらの強みをさらに伸ばしながら、中でも技術の継承は一番重要と思います。専門(技術)店として特定の地域では他社の追随を許さない、あるいは特定の顧客層(高級品・新素材を好んで使う人たち)にターゲットを絞り、事業の基盤を強めていってほしいと思います。
 個人的な意見ですが、「環境・健康」が、今後のクリーニングのキーワードになっていくのでは?環境に負荷の少ない、残留物質のないクリーニングが求められるように思います。

上記についてご報告あるいはご提案を下さるようお願いします.

月例会中の様子はこちらをご覧ください.


2003年6月10日  坂本 悟(株式会社 キョーワハーツ)

©Copyright 2002 目黒3MA会 All Rights Reserved.