目黒名所案内




落語

  目黒といえば皆さんご存知の
「目黒のさんま」 がご案内





 

 

 

 

空白

空白

空白

空白
 江戸時代,ある秋の彼岸近く,ひと馬攻めたくなった殿様とご家来が,思いのほかの遠出で,当時では一日の行楽地目黒までやってきました.ちょうど鳴る時鐘は午の刻,お昼時を知らせております.
 
 殿様はにわかに空腹を感じ,ご家来に申しました.「昼時である.食事を所望してまいれ」.しかし周りは野山,人家も見当たりません.あたりを見廻しますと,茶屋らしき佇まいから立ち上る煙と,美味しそうな昼餉の匂いがしてくるではありませんか.
 
 早速,ご家来がその主に,食事を所望したところ,ご膳には辛みの効いたおろし大根を添えた,焼きたての黒々とした魚が出てまいりました.
 
 殿様が申しました.「このような黒々とした魚はこれまで食したことがない.なんと申す魚であるか」.家来「これは秋刀魚と申すものでございます」.殿様「たいそう美味であるな」,といわれて快く召し上がりました.
 
 しばらくたって,毎日のご馳走に飽きた殿様が,先の遠駆けの折に召し上がった秋刀魚のことを思い出され,「秋刀魚を所望致す」,と申されました.

 御殿の賄い係である膳部の人達は大慌て!なんといっても下の者(しものもの・庶民)たちが食べる魚であり,これまで殿様に差し上げたことがありません.  
 
 そこで,日本橋にありました魚河岸に参りまして,房州(千葉県)銚子から早便で届いたばかりの秋刀魚を焼き上げ,その上,苦いであろうということで,皮と腸をとり,又のどに刺さると切腹ものと,丁寧に骨を取り除き,その上,お毒見役が先にお毒見をしてからやっと御前に供しました.
 
 殿様が召し上がる前に大変時間がかかっておりますので冷たくなっております.ところが,先日召し上がった秋刀魚はジュウジュウと音を立てているような焼きたてのものでしたし,今,目の前にある秋刀魚は見た目にはよろしく調理してありますが,冷え切っており美味しくありません.
 
 そこで殿様が申しました「この秋刀魚はどこのものであるか」.ご家来「今朝,銚子に上がった物でございます」.これを聞いた殿様が申されました.

 「さんまは目黒にかぎるゾョ」.




いかがですか?目黒の魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?
目黒には他にもまだまだ素敵な場所や歴史がたくさんあります.
このページでは,これからも楽しい企画で目黒をご案内していきます.

お楽しみに.



 目黒3MA会に入会をご希望の方は こちら



  サイト管理者 <info@arnz.co.jp>

免責事項

©Copyright 2010 目黒3MA会 All Rigthts Reserved.