馬攻め  

駒場野公園:名前に放牧場のあったことを証明する地名

2002年7月18日撮影  村山 知(株式会社 村山電機製作所)


 現在は,競馬用語として「攻め馬」として残っているが,馬に稽古をつけることである.大型草食動物は概して消化不良を招くことがあるので,適当な運動をさせることで,故障の発生を防ぐのである.このために乗馬して馬に運動させ,馬と慣れ親しむ必要もあり,いざというときに備えたものである.

 江戸の御城の中にもあったが,近郊に馬場が設けられており,現在までその名前が残っているのが,JR山手線の「高田馬場」であるが,目黒にも「駒場」とか,隣接して世田谷になるが,「上馬」,「下馬」などという地名が残っているように,放牧場があったのである.

 目黒記念競馬は,この目黒にあった競馬場を記念するレースである.<写真>
 

空白
©Copyright 2002 目黒3MA会 All Rights Reserved.